エコマンション

正しい資産運用をしていますか?

今ある遊休地の事を考える

遊んでいる遊休地は固定資産税は毎年かかるし、相続時は宅地並の課税がかかり、かなりの相続税がかかりそう。そんな税金負担で悩む、土地をお持ちのお客様へ相続税等の節税に極めて有利な賃貸マンション経営です。
 

将来を考える(スクラップ&ビルドの現状)

一世代前の解体新築は、建て替えの時点で、建てた者が当主となるために、親と祖先の影が薄らぎ、祖先に対して感謝の気持ちとその家系の歴史が途絶えてしまいます。

日本の建物の寿命は約30年と言われており、建築して、古くなったら取り壊す、スクラップ&ビルドという考えが一般的で、環境問題に対しても悪影響を与えてきました。時代や周辺環境等の変化により変わっていく住民のニーズに合わせ、強いコンクリート躯体はそのままに、内装・設備を変更、更新していくスケルトン&インフィル住宅を実現することにより、スクラップ&ビルドの抑制と、改修費用の大幅な削減、大切な資産を次世代へと継承することが可能になります。




土地オーナー、入居者の両方が得をする賃貸マンションとは?

超高耐久建物(コンクリート+外断熱)を作る
100年・200年継続使用可能な建物は、その世代世代で家屋を通じ、感謝の気持ちと住んだ祖先の歴史を後世に伝え、歴史の重さを子孫が世代間で切磋琢磨し、子孫の浮いたお金は教育費・円満な生活を送るための資金へと向けられ、家系の存続と繁栄につながります。

みんなが喜ぶ外断熱マンション
外断熱オール電化住宅なら、超省エネ。入居者は毎月の燃料費用が約半分。土地オーナーは、長寿命で子孫代まで長く稼いでくれ、改修費用が約1/4で済みます。(下図参照)



※ 実際の内断熱は約50年で解体される場合がほとんど。100年の存続はありません。
※ 外断熱は、コンクリートを外からくるむため、3〜4倍長持ちします。200年の存続も可能です。

 

今あるお金を考える

「預貯金が3000万あるけど・・・。」 このような方は安定利回り運用を考えましょう。

「何とか今ある資金を安全かつ確実に運用したい。」
「まとまった預貯金があっても老後まで安心して暮らせるか心配。」
「できれば老後、年金以外に安定した収入を確保したい。」

そんなあなたにお勧めが、他にないメリットの賃貸マンション経営です!



エコマンションに関するお問い合わせはお気軽にどうぞ!(担当:建築部 和田 眞)